2019/10/13

人体解剖図 昭和6年?

台風が去ってぐっと寒くなりました。
京都は穏やかな日常が戻っていますが、みなさまご無事でしょうか?


額装された人体解剖図をご紹介いたします。
額の塗装の剝れ具合と、経年による紙の色の変化とが相まって
とても渋いお品です。

骨と筋肉の二種類です。

筋肉標本図





良い表情をされています

昭和6年のシール付き
筋肉の勉強にいかがでしょう






こちらは骨格標本図です
かっこいいですね







指先までとても丁寧です





医学博士西成甫監修




2019/09/28

断面図模型!?

随分秋らしくなってきましたね。

不思議な模型が新入荷したのでご紹介します。
この怖い見た目の物体は一体何でしょう???
かっぱ?








まさかかっぱかじゃないよな…と思いながら
上から覗くと、やっぱり河童…?




























二つに割ってみると…





ひゃぁー
妖怪の顔みたいなのが現れます!!!


























これは植物の断面図模型のようですね。
ヤシの実? 蓮? たんぽぽ? それとも、かっぱ?
たんぽぽが有力かと思われます。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
 島津製作所製です。















2019/09/14

照明新入り

こんにちは

やっと秋らしい気温になりましたね。
気づいたら冬になってしまっていた、とかならないように
ちゃんと秋を楽しみたいです。

照明が充実している店内に、さらに仲間が増えました。
鉄の装飾はトランプを思わせます。
ハートがかわいい。


こちらは竹籠のようなデザイン
きりりと引き締まったシャープな印象の照明です。


他にも沢山ございます。
もうすぐ暖かい光が恋しくなる季節がやってきますね。












2019/09/01

ガリ版って??

ガリ版グッズが入荷しました!

ロウ紙と呼ばれる、樹脂やロウを塗り乾かした薄葉紙
薄くてきれいですね













こちらがやすりです。
このやすりの上にロウ紙をのせて





こちらの鉄筆でガリガリとひっかき、インクの通り道(穴)を
造るのだそうです。




















今はプリンターがあるので一般的には使われなくなりましたが、
年賀状やお手製名刺づくりなんかにも使えそうです。






後はローラーとスクリーンがあればOK です!








2019/08/30

切子グラス






切子のリキュールグラスです。






















小さいのに、きりっとした表情で風格があります。
お酒の味も引き締まりそうですね。






こちらは所謂コップサイズの切子グラスです。
私はこのグラスが浴衣を着ている人々に見えます。


夕暮れ時は過ごしやすくなってきた今日この頃、
お気に入りのグラスにビールでも注いで、
風にあたりながら一杯なんてどうでしょう。





2019/08/14

なにを入れましょう

台風が接近しています。
ムシムシしますね・・・梅雨に逆戻りしたかのような気候です。

今日は金属製のお重をご紹介します。

時を経た金属の色合いが良い感じです。








中心が膨らんだ形もきれいです。
角の造りもきっちりとしていて、とても丁寧に造られています。


なにを入れるために作られたのでしょう。
うすぺったい蓋も可愛いです。



普段使いの品のかっこよさは、工芸品には無い魅力がありますね。
昔はこんな素敵なものがたくさんあったのでしょうか。
良い時代ですね!


















2019/08/03

穴がたくさん

今日も、そして多分明日も暑いですね・・・
店内はクーラーを入れているのですが、それでも外からの熱風の方が
勝ってしまいます。

さて、個人的な趣味として、丸いものが沢山並んでいる物体に目が行きます。

例えばこんなもの




射的の玉を製造する道具??との情報も
本来の使用方法はよく分かりません。
突起物の並んだ鉄?ブリキ?は木製の土台とバネで繋がれています。




穴に何かを詰めて上から押し付けるとバネが働いて
穴からにょきッと円柱状のものが出てくる仕組みのようです。
横から見てもかっこいいです。



丸が作り出す陰影もきれいで、オブジェとしても
としても惹かれる品です。
部屋の壁に飾りたい・・・