2018/09/13

輪茶碗 特集

手に持つとすっぽり丸く収まってくれる
ころんと可愛い輪茶碗達です。


幕末~江戸後期頃の伊万里焼です。
それぞれ個性があって、柄違いでも集めたくなってしまいますね。


こちらは結び熨斗の絵に、背面は宝珠でしょうか、三つ並んでいます。



こちらは小袋の絵です。二重になっている紐や袋の柄まで丁寧に描かれています。
背面は、扇子。



こちらは束ねられた稲の絵。実った小さなお米まで細やかに描かれています。

見込みの絵もそれぞれ違っているので、ご来店の際は是非、見込みまで覗いてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿